[Python] DjangoでのWeb構築からリリースまで(1)

Pythonはデータ処理に関するライブラリが多様で、信頼度が高いフレームワークを活用することができるし、また、ウェブをアジャイル方式で構築する状況に得意です。 また、環境別にパッケージの管理がよくできるので、リリースの時にもミスを防ぐことができます。 しかし、性能については苦手があるのでパフォーマンスに対する別の処理が必要です。 Djangoではコマンドラインユーティリティでプロジェクトを生成してサーバーを回しながら、View・Temlate・Model・Staticなどを通じてクライアントとバックエンドを区別し、動的にページを生成します。

[Git] Gitで用いるGit-Flowまとめ

Git Flowは、チームとして長期開発をする際に必要な効果的なプロジェクトのバージョン管理戦略です。 開発が終わったソースコードを無理なくマージし、正しく動作するソースコードをリリース環境のブランチで管理することを目指しています。 developブランチのソースコードをrelease直前の状態で管理するのに無理がある場合は、中間検証のためのStagingのブランチを作成してリリース直前のソースコードを管理する方法があります。 (staging用ブランチを作成するのは、開発に集中ができる環境を構成するという利点があります。) Gitの操作を開始する前に、各作業の予想順序をシートにまとめた後作業に入れば、ミスを減らすことができると思います。

[Javascript] Const、Let、Varの違い

JavaScriptの変数を宣言するキーワードで  const、  let、  varについてまとめました。

  1. constは値を再割り当てすることができない変数を宣言するとき使われます。
  2. letvarは再割り当てすることができる変数を宣言することができ、
    初期値を宣言しなくてもされます。
  3. varの場合のみ、同じ値を重複宣言することができます。

constは、再割り当てが不可能な変数を定義するキーワードです。 
再割り当てを禁止することにより、誤って別の値を割り当てて発生するバグを減らすことができます。 

したがって、変数を宣言する場合は、まず  const定義することができないかを検討した後、不可能な場合  letを使用することをお勧めします。